医学部 基礎医学解剖学ⅠAnatomy I

JapaneseEnglish

研究室HP

01

 我々は、母体と胎児にまたがる白血病抑制因子(leukemia inhibitory factor, LIF) シグナルリレーパスウエイを同定した(Simamura et al., 2010)。この母-胎児間LIFシグナルリレーでは、母体からのLIFシグナルは、胎盤からACTHの分泌を誘導し、ACTHが胎児の有核赤血球から再びLIFの分泌を促す。最終的に、胎児由来のLIFは脳の発生および赤血球造血に関与すると考えられる。我々は、このユニークな母-胎児間情報伝達システムの分子機構および生理学的機能の解明に取り組んでいる。また、母-胎児間LIFシグナルリレーの破たんと自閉症、統合失調あるいは双極性障害の出生前リスクとの関連性についても検証を行っている。
 深部組織の解剖学的構造を観察するために、生物試料を透明化する新規技術開発も行っている。対象とする臓器は、脳、肺、消化管、その他各種臓器ならびに胎児の全身標本である。我々が開発した技術によって、標本の深部に位置するGFP発現細胞などを詳細に観察することができる。この技術はメダカやゼブラフィッシュなどの小魚、アフリカツメガエル、マウスおよびラット胎児の全身透明骨染色標本の作製にも応用可能である。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8113 +81-76-218-8113 / FAX: 076-218-8189 +81-76-218-8189 / Email: anatomy1@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 八田 稔久 八田

特任教授

  • 東 伸明

講師

  • 島田 ひろき

主な研究業績

部門別研究業績

  • Simamura E, Arikawa T, Ikeda T, Shimada H, Shoji H, Masuta H, Nakajima Y, Otani H, Yonekura H, Hatta T.: Melanocortins Contribute to Sequential Differentiation and Enucleation of Human Erythroblasts via Melanocortin Receptors 1, 2 and 5. PLOS ONE. 2015 Apr 10(4):1-17. DOI: 10.1371/journal.pone.0123232
  • Tsukada T, Simamura E, Shimada H, Arai T, Higashi N, Akai T, Iizuka H, Hatta T.: The suppression of maternal-fetal leukemia inhibitory factor signal relay pathway by maternal immune activation impairs brain development in mice. PLOS ONE. 2015 (in press)
  • Inoue T, Hashimoto R, Matsumoto A, Jahan E, Rafiq AM, Udagawa J, Hatta T, Otani H.: In vivo Analysis of Arg-Gly-Asp Sequence/Integrin α5β1-Mediated SignalInvolvement in Embryonic Enchondral Ossification by exo utero DevelopmentSystem. J Bone Miner Res. 2014 Jul; 29(7):1554-63. DOI: 10.1002/jbmr.2166. PMID:24375788 [PubMed - in process]
  • Simamura E, Shimada H, Higashi N, Uchishiba M, Otani H, Hatta T.: Maternal leukemia inhibitory factor (LIF) promotes fetal neurogenesis via a LIF-ACTH-LIF signaling relay pathway. Endocrinology 151: 1853-1862 2010  DOI: 10.1210/en.2009-0985
  • Method for enucleating nucleated erythrocyte, and enucleation Inducer. PCT/JP2010/001217

主な外部研究資金

  • 挑戦的萌芽的研究 平成27~29年度
    研究課題:母胎間シグナルトランスミッターの構造解析
    研究代表者:八田稔久 研究経費: 総額3,770,000円(直接経費:2,900,000)
  • 基盤研究(B)(一般)平成25~27年度
    研究課題:母胎間シグナルチューニング機構の分子基盤解明
    研究代表者:八田稔久 研究経費: 総額18,720,000円(直接経費:14,400,000円)
  • 挑戦的萌芽的研究 平成24~26年度
    研究課題:母胎間シグナル伝達から迫る精神・神経疾患スペクトラムの胎児起源仮説
    研究代表者:八田稔久 研究経費: 総額3,770,000円(直接経費:2,900,000)
  • 新学術領域研究 平成23年度~平成27年度
    研究課題:器官・組織形成期の発生異常に基づく上皮管腔組織形成障害
    分担研究者:八田稔久 研究経費: 各年度1,000,000円
  • 基盤研究(B)(一般)平成22~24年度
    研究課題:母胎間シグナルリレーの大脳皮質発生における生理学的意義
    研究代表者:八田稔久 研究経費: 総額18,980,000円(直接経費:14,600,000円)